当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

ピークシフトという選び方

液晶テレビ選び方にも、
計画停電を考えて選ぶというのもありですね。

大震災被災地、ひいては、
日本の復興に協力できる選び方です。
 
東芝は2011年6月15日の発表で、
液晶テレビ「レグザ(REGZA)シリーズ」として、
本体にバッテリーパックを搭載し、
AC電源からバッテリー電源に切り替えることができ、
節電や電力需要の平準化に貢献する
19V型LEDバックライト液晶採用の
「レグザ 19P2」を7月上旬から発売するようです。
 
市場想定価格は5万円前後の見込みと言うことなので、
少々高いですが、

停電時は、ワンセグで、視聴できます。
ピークシフトの対応だけでなく、
この夏のレジャーでのアウトドアでの使用にも使えそうです。

バッテリー電源では、3時間程度の使用と聞いていますが、
車のカーシガレット電源から、100Vに変換するコンバーターを
持っていれば、こちらから充電することもできます。