当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

家電品の新しい選び方・・電力需要に配慮した機能・商品で選ぶ

晶テレビの新しい選び方・・電力需要に配慮した機能で選ぶと・・

—–
ピークシフト機能」・・
電力使用ピーク時間帯に、
電力供給電源をAC電源から
バッテリ電源に切り替えて
使用することができる機能のこと。
—–

先般の大震災で、
また 原子力発電の見直しなどから
計画停電を含めた電力の使い方が課題になっています。

家電品でもこのあたりに配慮した商品が
発売されるようです。

 
今日は、
液晶テレビ
ピークシフト機能を搭載した商品のご案内になります。

—–
尚、ココで紹介するテレビは、
東芝のものですが、
その開発の考え方について
少々、前置きです。

東芝の考え方は
計画停電時でも使用できるテレビ』ではなく、
夏場の電力量増加を見据えて、
エアコンなど他の家電品と同時使用する時に、
テレビ側の『ピークシフトボタン』を押して、
文字通り(ピークをシフトする!)
ご家庭で節電に協力できる!”
が、コンセプトです。

停電時には、
ブースターの電源も落ちるので意味がない!
などの会話になりがちですが、
そんな思いがありましたら、
下記のような考え方ではどうでしょうか?
—–

発売予定の
ピークシフト対応テレビの概要です

ピークシフト機能」搭載レグザ

●発売予定時期:2011年7月

◆「ピークシフト機能」対応リモコン
ピークシフト」ボタンを押すと、
AC電源からバッテリー電源駆動に切り替えます

◆「ピークシフト機能」対応バッテリー
AC電源を使わずに最長3時間(予定)
視聴可能なバッテリーを内蔵しています。

(一言・・)
東芝の開発コンセプトは、
ひとまずおいといて・・

停電時の使用に関してですが、
電波さえ受けられれば、
通常に視聴出来ますので、

ブースターなしでも、
受信できる場合などは通常に使用できます。

また、現在、ブースターをお使いで、
停電時に視聴できていないご家庭でも、

地上デジタル波の環境は、まだ、変わりつつあるところも多いようなので、
ポータブルアンテナの使用を含めて、考えても良いと思います。

これからの電力供給を考えると
このような、商品は、ありがたいですね。


«  家電品の新しい選び方・・電力需要に配慮した機能・商品で選ぶ  »