当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

映像が本来の色を再現する「広色域復元」技術を評価する

液晶テレビの映像がどんどん綺麗になり、2Kのモデルでもかなり良い出来栄えとなってきましたね。

少し前は、動きが速い”ボケ”が気になり、動画応答性能が評価比較のネタになったり・・
元映像より精細感を上げる競争で、超解像技術が評価比較対象になったりと、
技術名称の比較競争みたいになって、一般の方々には、何のことやら???
といったところでしょう。

家電業界人にとっては、その一つ一つの技術の意味するところや、効果を評価比較する毎日ですので、
他社より劣っていると次にはその上を目指そうということになってしまうのです。

さて、昨今の映像の綺麗さ評価比較競争では、上のような動画に対する評価や精細感の競争はそのままに、
色の再現性能も評価比較対象となってきました

その中の一つ”広色域復元”について、書いてみたいと思います。

一言で表現するなら、”広い色の範囲を表現する技術”ということになります。

私たちの目に入ってくる色彩は多くの場合反射光として入ってきていますね。
その反射光としての物体色には、鮮やかさとしての限界値があります。
その限界値のことを”最明色”と呼んでいて、肉眼で見る色としてその限界値を超えることはないわけです。
この限界値に限りなく近い色表現を液晶パネルで行おうとする技術の一つが”広色域復元”です。

ハイビジョンの規格で表現できる色の領域(色域)としては、現実世界の色よりも狭いため、本来の色がハイビジョン規格の色の領域(色域)に圧縮されて送信されています。
この圧縮された色を現実世界本来の色に限りなく近づけること(復元)を目的とした技術が、「広色域復元」です。

この復元された色を、評価比較するするのが、一般の方々の場合、
物体色本来の最明色を意識することなく、色付けの濃い映像を綺麗と思ってしまう のは、
いささか残念な気がします。

一般のユーザーの方が、家電量販店店頭で、映像の評価比較をする際には、
この最明色のことをイメージして評価するようにすると、
色本来の表現をしているテレビはどれかがわかりやすくなると思います。

濃すぎる色づけや、必要以上の明るさに惑わされない ことが、
購入後に長時間見続けても疲れないテレビを選ぶことができるのです。

 

«  映像が本来の色を再現する「広色域復元」技術を評価する  »