当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

映像の評価 綺麗に感じる映像と、 自然に近い映像

映像の評価
綺麗に感じる映像と、
自然に近い映像の特徴。

家電量販店の店頭で、
液晶テレビを購入する方をみていますと、
展示されている中でも、目だった綺麗さの映像を、綺麗と感じる方が大変多いです。

自然界の自然な色を表現しようとすると、
家電量販店の展示の中ではすくなからず不利なようですね。

液晶テレビの映像を基準に選ぶ時は、
このあたりのことを意識して選ぶといいのかと感じます。

また最近の色づくりの傾向として、
広告色域パネルといって、広い色を表現できる液晶パネルを使っているテレビがふえました。

このような広色域パネルを使っている液晶テレビの宣伝文句として、
従来より 何%も色表現が豊かに表現できるようになりました・・
などと書いていますが、バランスよく広い色を表現できるのならいいのですが、
例えば 緑色のところだけ表現力が豊かになってもかたよった映像に なってしまいます。

例えば 緑色だけ表現力が豊かになった映像がどのようになるかというと、
緑色の葉っぱがものすごく濃い緑色に なってしまったり、
海の青さが緑色に表現されてしまったり、となりますので、
このあたりのことわを、映像評価にくわえてみると、
好みの映像を表現出来る液晶テレビを選ぶことができると感じます。