当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

東芝「REGZA」の新技術 超解像技術「レゾリューションプラス」

東芝「REGZA」の新技術 超解像技術「レゾリューションプラス」

低解像度の複数の画像から1つの高解像度・高精細な画像を創り出す技術

要は1440×1080ドットの地デジ放送を
フルHD解像度(1920×1080ドット)での表示用に補正
(複数回のプロセスを経て、
映像収録時のデータに近付けるアップスケーリング)するものです。

フルHDパネルの画素数は1920×1080画素ですが、
それに対して、
現在の地上デジタルハイビジョンは1440×1080画素で放送されています。

BSデジタル放送の多くが1920×1080画素なのに対して、
地上デジタル放送は電波の帯域が狭いので、
画素を減らして放送しているためです

最近は、
フルHD化が急速に進んでいます。

フルHDパネルの画素数は1920×1080画素です。
それに対して、
現在の地上デジタルハイビジョンは1440×1080画素の放送です。

これはBSデジタル放送の多くが1920×1080画素なのに対し、
地上デジタル放送は、
電波の帯域が狭いので、画素を減らして放送しているためです。
 

SD画質のDVDのコンテンツは、
720×480画素の解像度で収録されており、

フルHDパネルのテレビで鑑賞する時は、
テレビ側でその画素数を1920×1080画素に
(面積比4倍以上)引き伸ばして表示しています。

フルHDパネルでDVDを観るときには
コンテンツ側の解像度が不足(画素密度が低下)し、
精細感に乏しく平面的な映像になってしまいます。

そこで、超解像技術がものをいってくるわけです。

«  東芝「REGZA」の新技術 超解像技術「レゾリューションプラス」  »