当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

東芝液晶テレビ”Z9X”の直下型LEDを評価する

東芝液晶テレビ”Z9X”の直下型LEDを評価する。
“明るさ,色鮮やかさ”再現力の評価が高いのは、
“プレミアム2K”モデル”Z8”(2013年秋発売)同様の
”直下型広色域LEDバックライト”が搭載されているからです。

液晶4Kテレビとして高い評価を受けたのは、
東芝が発売(2011年12月に)した「(4K REGZA) 55X3 が、
一般向けとして国内初めての量産モデルでした。

4K REGZA「Z9Xシリーズ」は、
4K液晶テレビ初の「55X3」発売から、
第4世代目の更なる高評価の機種に仕上がっています。

ラインナップは84型を筆頭に
65,58,50型の4モデルとなっています。

評価検討・いろいろありますが、
映像の評価の一つであるLEDバックライトについて考えてみましょう。

LEDバックライトの2つの方式には、
エッジ方式(上下、左右)と(左右、上下 とあります)方式と、
直下方式となってます。

常識的ににエッジ方式の採用が多いですね。

Z9Xシリーズは、
高い評価を得ている”直下型LEDバックライト”使って
質の高い映像表現を追求しています。
(ただし84インチモデルはエッジ型LEDバックライトをとなっています)

液晶の方式としてZ9Xは、
84インチモデルの84Z9XがIPS方式をとっており、
65,58,50インチの直下型LEDモデルはVA方式となっています。

前モデルのZ8Xのモデルと比較してみましょう。
・・直下型LEDの搭載のために、
輝度のアップ率が、約75%なのはたいしたものです。

この直下型LEDパネルは、700nitという明るさがあり、
きらめきの部分の階調表現をも向上させ、
明暗を引き締めるコントラストにいたっても大幅な向につながっています。

65,58,50Z9Xのモデルは、
この直下型LEDバックライトを部分的に制御し、
動画応答性能をも高め、
スポーツなど動きの速い映像の評価も高いです