当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

東芝REGZAの映像メニューがマニアから高い評価です。

東芝の液晶テレビREGZA(Z2, ZG2)映像調整メニューが豊富にあることもREGZAの特徴でもあり、強みのひとつです。
以下、映像メニューの説明です。
マニアから高い評価をされている機能です。

①ブロックノイズクリア(オート/オン/オフ) ※ZG2のみ搭載          
放送のノイズ、エッジ、
プレーンな箇所等に乗るモスキートノイズを減らします。
NHKと民放の処理の特徴までも判断し、
エッジ近傍だけでなく、離れた所のノイズさえも適切な処理を行っています。            
          
②コンテンツモード(オート/アニメ/写真/オフ)          
外部入力の場合、
HDMIのコンテンツピット情報を認識して自動適応し、
最適画質を選択しています。
アニメはセル画の特性に、
写真はJPEGに合わせた4:4:4静止画倍速モードを選択します。          
          
③フィルムモード(フィルム/クリアフィルム/スムーズ/クリアスムーズ/オフ)          
クリアフィルムは、24p/30pに補間フレーム1枚を挿入し、
フィルム的ながたつきを低減しています。
クリアスムーズは、24p/30pに補間コマを9枚/7枚挿入して、
240Hzで滑らかさを持たせています。          
          
④原画解像度
(オート/1920×1080/1440×1080/1280×720/960×540/720×480/640×480)          
地デジやBS放送時に、
解像度変換されて送られるコンテンツのオリジナルな形式を判定して、
最適な特性で映像処理をほどこしています。
ちなみにアニメーション番組の多くは1280×720です。          
          
⑤プログレッシブ処理(オート/ビデオ/30p処理/24p処理)          
24p/30pで製作されたインターレース映像を、
2-3/2-2プルダウン処理します。
例えば、直近のNHK大河ドラマは、
30p収録・60i送信。
2-2ではマニュアルで設定した方が誤動作が少ないです。          
          
⑥輝度エッジ補正(オフ/0~10)          
映像の輝度成分(
モノクロームのベース信号)のエッジ(輪郭)を際立たせる機能です。
マニュアルを選択した場合、
「0」で補正オフになり、「10」で、最大の調整を行っています。          
          
⑦色エッジ補正(オフ/0~10)          
映像の色の輪郭を際立たせる機能です。
アニメーション等の場合、
色の輪郭をくっきりさせることで
映像全体の解像感を引き上げることができることから、
コンテンツへの没入感がより多く得られます。          
          
⑧倍速ワイドエリア補間(ワイド/スタンダード)          
倍速処理での映像の動きの適応範囲を設定します。
スポーツを観る場合には、
ワイドを選べば4倍速処理効果が、
通常より早い動きにまで広げることが可能となります。
通常は安定処理を行うスタンダードが良いと思います。          
          
⑨フィルムグレイン補正(オート/強/中/弱/オフ)          
フィルムの粒状感は、
圧縮ノイズと見分けがつきにくいです。
圧縮プロセスで、
粒子が大きくなることもあることから非常に厄介です。
弱から強で、
グレインをより強く抑制する方向に変えることができます。 

以上です。

REGZAが、映像の質にこだわるマニアに選ばれる理由の一つが、
理解していただけたことと思います。         

«  東芝REGZAの映像メニューがマニアから高い評価です。  »