当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

液晶テレビのコントラスト比

コントラスト比とは、映像の黒い部分と白い部分の表現の幅がどの程度あるかを、数値で表したものです。
数値が大きいほど、黒は黒く、白はより白く見えるということです。

コントラスト比は、高い”とか”低い”とかいって表現されます。
数値で表すときは、2000:1とか、1000:1 とかで表されます。

また、”ダイナミックコントラスト比”という表記があることがありますが、これは白い映像の時にバックライトを最大輝度にし、黒い映像の時にバックライトを最少輝度にして、画面の正面から測定した時のコントラストの値です。
こちらの値は当然大きくなり、20000:1とか、10000:1 とかで表されます

コントラスト比とダイナミックコントラスト比を、混同しないようにして下さい。

また、単に、コントラスト比が高いから良いというわけではなく、いかに滑らかな階調表現が出来るのかということも大切なところです。
この階調表現については、別のところで紹介させていただきます。

«  液晶テレビのコントラスト比  »