当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

液晶テレビの倍速とは

テレビの映像は、1秒間に60コマで、作られています。
たとえて表現すると、1分間に60コの静止画をぱらぱらとめくることによって動画が作られているようなものです。
このときに、液晶テレビでは、従来のブラウン管方式と比較して、残像感が残ってしまい、弱点になっていました。
そこで、その残像感を解消する技術が、倍速技術なのです。

では、どのような方法で残像感を解消するのかというと、1分間に60コマで作られている映像を、さらに細かい静止画に分け、1分間に120コで表現することが出来るようになりました。
つまり120コマですから60コマの倍で、倍速というわけです。

最近では、さらに細かくし、1分間に240コマで表現する、”4倍速”とか”ダブルスキャン倍速”と呼ばれる機能も出てきました。

では、倍速の効果はというと、スポーツや映画などの動きの速いシーンなどで、効果が発揮されます。
また、特に効果を感じるのは、画面を流れるテロップです。

液晶テレビの残像感を解消した倍速技術は、動きの速い映像に大変有効ですので、スポーツなどが好きな方は、ぜひとも必要な機能です。