当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

液晶テレビの評価(待機電力ゼロワットの「ecoチップ」搭載の“REGZA”)

液晶テレビの待機電力をなくした機種が、
東芝から2011年12月の発売されます。

32V型液晶テレビ「32BE3」概要

新開発の半導体「ecoチップ」と大容量のキャパシターを搭載することで、
待機電力をゼロワットとすることが可能になりました。

リモコンの「電源」ボタンでオフにすると、
大容量キャパシターの電力でecoチップが動作し、
リレーのオン/オフを制御し、AC電源を切断することで、
待機電力ゼロワットを実現しています。

リモコンを操作するだけで
コンセントを抜いたときと同等の状態にできるため、
待機電力は全く使わないことになります。

また、通常のスタンバイ状態と同様に、
リモコン操作やUSB外付けHDDへの予約録画も実行されます。

従来の待機時にはAC-DCインバーターによる電力変換ロスが発生し、
電源回路可動のためにムダな電力消費がされていました。

ecoチップの消費電流は約95μAと限りなく0に近く、
これをキャパシターで動作させ、
ecoチップ内部で消費する電力を約1/1000に抑えらています。
また、
テレビ全体の年間消費電力量は45kWh/年と、
従来機種「32A2」と比べて約27%の削減となっています。

 ecoチップと概要

 

«  液晶テレビの評価(待機電力ゼロワットの「ecoチップ」搭載の“REGZA”)  »