当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

液晶テレビの選び方(画面サイズの決め方)

液晶テレビの選び方の中でも、一番初めに決めなければいけないのが、画面サイズになります。
画面サイズを決める時には、画面からどの位の距離を離れて視るのかが基準ですが、
皆さんこれが意外と、イメージだけで選ばれることが多いのですね。

私の家電業界での経験上、ここは意外と後悔しやすいポイントです。
量販店などで購入の際に、しっかりと比較して見比べてもらいたいと思います。

たとえば、32インチと37インチでどちらにしようか迷った時は、必ずといって良いほど大きい方を選んでください。
迷った挙句小さいほうを選んだ場合、後になって殆どの方が、”大きいほうにしておけば良かった〜”と、後悔しておられました。


では、実際のサイズをどのように決めると間違いが少ないのか、お話します。

まず、画面から見るところまでの距離の3分の1が、画面の縦の長さになるサイズを選ぶのが基本です。
(店頭で比較される場合は、画面の3倍の距離を離れてご覧下さいね。)

画面の横の長さと縦の長さの比が16:9の液晶テレビの場合、画面の縦の寸法は下記の様になります。

32V型〜39センチ
37V型〜46センチ
42V型〜52センチ
46V型〜57センチ

つまり、32V型の場合は、適切な視聴距離は、39×3=117センチとなり、1メートル強の距離が取れれば十分ということです。
この距離は、4畳半のお部屋でも十分ということになります。

いかがですか、ずいぶん近いとお感じになりますか?
いままでのブラウン管のテレビの視聴距離とは、全く違うことがお解りになると思います。
ブラウン管テレビと液晶テレビの最適視聴距離の違いの理由は、画面の縦横比(アスペクト比 といいます)の違いからくるだけではなく、
映像を作り出している方式の違いから、目への負担が違うのです。
言い換えると、液晶テレビは、ブラウン管テレビに比べたら、近くで見ても目への負担が少ないということです。

ここでは技術的な紹介はしませんが、”液晶テレビの最適視聴距離は、画面の3倍”と覚えると良いと思いますね。

一度購入したら長く使うものですから、後悔の少ないお買い物にして下さい。

«  液晶テレビの選び方(画面サイズの決め方)  »