当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

液晶テレビのQFHDを、評価する人しない人

液晶テレビのQFHDパネルを、評価するかしないのか、
意見が分かれますね。

東芝が QFHDと呼ばれる、
フルハイビジョンの4倍もの高精細で表示できる
モニターを搭載したモデル 55X3 を、
2011年12月に発売しました。

それはそれですごいことなのですが、
皆さんは今のフルハイビジョンを越える高画質を
どう評価されるでしょうか?

ちなみに、特徴を挙げますと・・
・・QFHD(4K2K)・・

●解像度はフルハイビジョンの4倍、3840×2160画素

●画素数は約829万画素
 =800万画素のデジタルカメラの画像を縮小することなく表示可能

●フルハイビジョンの映像も超解像技術に
 よって画素を復元することにより
 ひとクラス上の高画質で表示可能

・・・・・・・・・・・・・・

となっていますが・・

私も実際に視聴してみましたが、
確かに写真のように綺麗ですね。

地上波のアナログのデジタル化が終了し、
次は、さらなる高画質化の提案をしてくる業界・・

でもテレビで流れてくる一般放送は、バラエティーばかりが増え、
内容の乏しい番組ばかり。

このあたりのことを考えてみるのも大切だと感じるのは、
私だけでしょうか?

ハードが進化したら、
ソフトも、一緒に進化してもらいたいものです。

«  液晶テレビのQFHDを、評価する人しない人  »