当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

液晶テレビ 大型化と4K

液晶テレビ 大型化と4K

家電量販店のテレビ売り場では、4Kという言葉をよく聞くようになりました。

なぜ今 家電メーカーが4Kに力を入れるようになったのでょうか?

地上デジタル放送への移行が終わり、まもなく2年が経とうとしていますが、
相変わらず、テレビ全体としての売上は低迷しています。
ところが 50インチ以上の大型液晶テレビだけは、売上の伸び率が大きいのです。

その理由としては、5、6年前にプラズマテレビや液晶テレビが大きく売れ始めた頃、
購入した人が買い替えに動いているのです。
その頃は まだ大きさも 32インチくらいで、今となっては小さくさえ感じてしまいます。
当然のことながら その頃は まだ価格が大変高かったです。

さて、そのような方が大型液晶テレビに買い換えようとした場合
50インチ以上がひとつの目安になるのですが、
そのくらいの大きさになると画面の粗さが目立ってしまいます。

フル ハイビジョンの画面と言えども 50インチをこえたあたりから無理あるのです。
そこでよりきめの細かい画面が必要になったというわけです。

この記事を書いている 2013年6月 15日 現在では、
東芝とソニーの液晶テレビが店頭に並んでいるはずです。
そしてそれらと比較できるようにフルハイビジョンのモデルも置いてあるはずです。
大型への買い換えを考えている方、是非一度 4Kの液晶テレビも視野に入れてみてください。
将来、良い選択をしたと思うはずですよ