当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

立体(3D)映像を楽しもう

テレビの楽しみが、また一つ増えましたね。

パナソニックに続き、ソニーも3Dテレビを発売し、他社も追って発売の予定ですね。

さて、今日は、どうして立体的(3D)に見えるのかの お話です。

方式としては2つあるのですが、基本的な立体視(3D)の仕組みは・・

「視差」というものが 立体感(3D)を生み出しています。

物体を見る時に、人の眼というものは、左眼と右眼とでは、角度がずれた状態で見ていることになります。

この角度の差のことを「視差」と呼び、左右の眼から入った各々の映像を脳が、

ひとつの像に処理しているわけですが、その時に 空間の奥行き感や立体感(3D)を感じられる様になっているのです。


立体的(3D)に見せるためのメカニズムは、

右眼用、左眼用として 別々の角度で撮影した映像を、

それぞれ右眼、左眼に別々に見せることで、立体として脳に認知させているのです。

—–

方式①・・「アクティブシャッターメガネ方式」

特徴としては、奥行き感が、たっぷりと感じられます。

「アクティブシャッターメガネ方式」とは、

映像を別々の角度で撮影し、再生時に 右眼,左眼に別々の映像を交互に送り込み、

その映像と同期して交互にレンズを開閉する専用のメガネで見る方式です。


 —– 方式②・・「視差バリア方式」

特徴としては、裸眼で見ることが出来ます。

通常のモニターに、「視差バリア」という縦縞のバリアを重ねることによって、

右眼には右眼用の映像を、左眼には左眼用の映像を見せ、立体感を感じさせるようにしたものです。

この技術により、特殊なメガネ等を使う必要が無く、

自由な姿勢で気軽に立体(3D)画面を楽しめます。

また、縦縞(視差バリア)を電気的に出したり出さないように切り替えることで、同じ画面のまま、これまでの2D表示と3D表示とを切り替えることも可能であり、コンテンツに合わせ、楽しみ方を選択することができます。