当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

超解像技術で選ぶなら

液晶テレビの選び方について、私の仕事柄、聞かれることが多いです。
その一つに、映像の綺麗さを基準に選ぶ・・というのも良いですね。
さの感じ方にも個人差がありますので、更に何を考えたらいいのかということになりますが・・。
綺麗さのひとつに”ディテール”に注目してみましょう。
“ディテール”とは、例えばシャツについていえば、その素材と質感が細かく表現出来ているかと言うことですね。

最終的には、感覚に負うところが多いものですが・・
どのような機能がどのような働きをしているのかを知ることで、一味違った楽しみ方が増えますよ。

同じような機能の場合なら、比較しやすいような名称にしてもらいたいものですが、
家電メーカーによって、まちまちですね。

例えば、高画質にするための映像信号処理機能ですが・・
パナソニックなら~”新「フルハイビジョンPEAKS(ピークス)/新PEAKS」”,
東芝~”3次元フレーム超解像技術-レゾリューションプラス6-“ ,
SONYだったら~”データーベース型複数枚超解像技術” ,
日立~”高画質処理技術「ピクチャーマスター」”,
三菱~”超解像技術「DIAMOND HD」”といった具合です。
ずいぶんと様々な名前が付けられています。

なにごともそうだと思いますが、
自分が何をしたいのかを見失わないようにして考えてみてください。

液晶テレビの選び方について、
こうして書いていても、その本質は伝えきれないのを感じます。
通常のユーザーの皆様については、
自分がどんな使い方をするのか、良く考えてみてください。
その上で、お店に出向くと、失敗が少ないと思いますよ。
液晶テレビが、皆さんの生活を充実したものにできたら嬉しいですね。

ひとこと知識
超解像技術・・
もとの映像信号に処理を施して、
より綺麗な映像にすることです
その方法は様々で、各社で名称を思い思い付けています。