当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

3D の方式の選び方→シアターグラス3D

東芝が また 
新しい 3D対応テレビを発売です。

2011年5月発売 ZP2シリーズ です。

注目の機能は 
映画館と同じ 3D方式 を採用した点です。

 シアターグラス3D方式と 呼んでいますね。

従来のアクティブシャッター方式の3Dですと・・
蛍光灯などの下で視聴すると、
フリッカー(ちらつき)現象が気になりますが、
これを大幅に軽減し、
クロストーク(映像ボケ)をも抑えた明るい3D映像を作り出しています。

また、メガネは必要ですが、
偏光フィルター方式で軽く作られていて
かける負担を軽減し、
とても快適な3D視聴を楽しめます。

(参考)
シアターグラス3D方式の仕組み

映像内の1コマで
左目用・右目用の信号を表示しています。
偏光フィルター方式のメガネをとおして
右目と左目に、それぞれ異なる映像信号を同時に見せています。
こうして、立体映像が認識されます。

ちなみに、
アクティブシャッター方式ですと、
右目と左目に、それぞれ異なる映像信号を交互に見せています。

同時か、交互かここが違うところです。

やっぱり、ちらつきは目が疲れる元にもなりますからね、
ちょっといいかもしれないですよ。