当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

3D 立体映像の歴史

テレビ放送業界としての 3D 立体映像への取り組みは、
業界として、今回が3度目となります。

1回目は1950年代でした。

2回目は1980年代にも一時的に人気になりましたが、
いずれの場合も一過性のブームで終わってしまいました。

そんな経緯に続いて、
今回が3度目の3D(立体)への取り組みとなっています。

映画『アバター』の大成功が強力な牽引になっていますね。

過去に失敗しているのは、面白いコンテンツが殆どなかったのが、
ブームにならなかった原因のひとつになっています。

昨年2010年から、各電機メーカーから、3D対応のモデルが発売されてきましたが、
まだまだ定着したとはいえません。

量販店店頭でお客様の声を聴きますと、
3Dを視聴するのに、専用のメガネを使うのが、わずらわしいとの意見をたくさん聞きます。

東芝では、専用メガネ不要の 3D(立体)テレビを2011年12月に発売しましたが、
12インチと20インチの発売にとどまっています。
今年は大型を発売するとの発表がありましたので、今から楽しみです。

このテレビは、専用のメガネが不要なだけでなく、
視聴する角度によって、見え方がちがってきます。

ぜひ一度 実物をご覧ください。