アマゾン,楽天

家電量販店にするか通販か? あなたにはどちらが合っているでしょうか?

映像家電

録画を楽しむ

4Kの理解に必須~

HDMI 2.0発表。4K/60p伝送の幕開けと少し気になる点
~色信号に関する2つのサポートレベル

ドイツ・ベルリンでの家電ショー「IFA2013」で、
HDMI ForumがHDMIの次世代規格「HDMI 2.0」を発表。

HDMI 2.0の特徴・・帯域を18Gbpsまで拡大

スペックは、以前の発表通りで、
データ転送の帯域幅が従来の10.2Gbpsから18Gbpsに拡張され、
4K解像度で毎秒50フレームないし60フレームの映像を通すことが可能になる。

オーディオ機能も拡張され、
最大32チャンネルまでのPCM音声伝送が可能なほか、
最大サンプリングレートも2倍に拡張。

HDMI 2.0の規格化完了
このほか機能面ではメイン映像に加えてサブ映像ストリームを流したり、
音声ストリームを2系統並行して送信する機能(異なる言語の音声を同時配信するために使うことが想定されている)、
より進んだCECコマンドなどが追加されているのが、
より正確で簡単なリップシンク機能。

HDMIで接続されるシステム内で、
より正確かつ設定不要のリップシンク機能が、
HDMI 2.0機器同士で働くようになる。

さまざまな議論があった&color(,yellow){''端子形状やケーブル仕様も、
従来用ケーブルをそのまま利用して18Gbpsまでの高速化''};が図られる。

これは低い信号品質でも、
正確な通信が行えるよう工夫されたためである。

4K/60p対応が消費者にとってのHDMI 2.0の最大の価値は・・
エンドユーザーにとってのHDMI 2.0の価値は、
“4K映像の伝送”に収斂する。

従来のHDMIは4K(4,096×2,160画素)の映像を毎秒24フレーム、
QFHD(フルHDの4倍画素の3,840×2,160画素(4Kはこのモードを指すことが多い)では
毎秒30フレームまで伝送できた。
それぞれ伝送映像フォーマットは、
8bitの場合は4:4:4、10bitでは4:2:2に制限される。
すなわち、色の情報密度を選ぶか、
それとも階調性を重視するかを選択せねばならなかった。

これはHDMI 2.0による18Gbpsへの通信速度高速化で解決され、
4:4:4、すなわち完全な色情報で12bit階調の表現が可能になる。

毎秒24フレームの映画ならば、
このままでもなんとかなったものの、
現在、各所で試験放送の計画が進んでいる4K放送は、
毎秒60フレームで行なわれることになっている。

&color(,pink){''HDMI 2.0を使うことで、4K映像を毎秒60フレームで、
欠落のない完全な画素フォーマットで伝送''};できるようになる。

ただし、ここでHDMI 2.0で4K映像の毎秒60フレーム伝送が可能になるものの、
そのサポートレベルが2段階ある ことに気をつけて欲しい。

ここは大切なところで「&color(,pink){''伝送速度の高速化(18Gbps)が実装されていないものも、
HDMI 2.0を名乗ることができる」点''};だ。

これは&color(,yellow){''HDMI 2.0で扱えるカラーフォーマットに、
色情報が1/4となる4:2:0が追加''};された。

これにより伝送帯域に余裕ができ、
通信速度が&color(,yellow){''高速化されていない従来からの物理伝送手順でも、
8bitならば4K映像を毎秒60フレームで送信''};できる。

ソニーや東芝が予定している従来機のHDMI 2.0アップグレードがこのパターンに相当する。

確認できている範囲では、
&color(,pink){''2013年内に登場する4Kテレビも、
ほとんどは4Kの毎秒60フレーム伝送時には4:2:0の8bit''};となるようだ。

ただし、この制限が“大問題か”と言えば、
実はそれほど大きな問題ではない。
なぜなら、
デジタル放送やブルーレイといった圧縮された
コンシューマ向けのデジタル映像のカラーフォーマットは4:2:0だからである。

ただし、高画質な映像処理を行なっているブルーレイディスクプレーヤーなどは、
映像を4Kにアップサンプリングする際に色情報も、
マルチタップ(複数画素探索)で拡張する処理が施されており、
そうした高画質処理を事前に施す場合には違いが出る。

また、静止画やパソコン画面を表示する場合にも画質が落ちる問題はある。

実はHDMI 2.0の正式発表が遅れた背景には、
18Gbpsの高速通信に対応するPHY(物理通信層)の試作に成功していたのが
パナソニックだけだったから、というのもあったようだ。

&color(,yellow){''2013年9月時点において、
18GbpsのPHYを部品供給できるのはパナソニック''};だけだという。

先日発表された&color(,pink){''パナソニックの4K VIERAには、
この18Gbps版HDMI 2.0が搭載されており、
4K毎秒60フレームの場合で4:4:4の8bit色深度まで対応できる(4:2:2の場合は12bit伝送も可能)。
24フレームや30フレームなら、4:4:4の16bit色深度伝送も可能''};になる。

上記のように、
放送やディスクに収められた映像が4:2:0なのだから、
高速版は不要という考え方もある一方、
静止画の画質も劣化なしに伝送すべきであり、
将来的には色信号のアップサンプリング処理の進化を享受しやすい方が
ベターという考え方もあるだろう。

エンドユーザーは気にしなくとも“映像が映る”ことに違いはない。
ただし、AVファンが気になる部分であることは間違いない。

わかりにくい話だが、
製品が揃ってくるまでの間に、一度、情報を整理したいところだ。

互換性を保ちながらのアップデートだけに制約があるのは致し方ないところだが、
あまりに制約条件が複雑だと、
4K VIERAのようにDisplay Portも併載”が今後のトレンドになるかも?。

2013/9月 記載

質問された項目

問:CPRMにはどんな種類があるのですか?

答:CPRMは、著作権保護のための技術で、
録画されたコンテンツのコピーに制限をかけるものですが、
その制限は下記のようになっています。

  • フリー
  • ''ダビング10(これが一般的です)''
  • コピーワンス(ムーブのみ可)
  • 録画そのものができない(スカパーなど有料番組の一部)
    ''CPRMを、ダビング10と同じものと勘違いしやすい'' ので
    注意が必要です。

問:ブルーレイディスクのファイナライズについて教えて!

答:ファイナライズとは、DVDディスクの時にあった処理で、
録画した機器以外で再生するために必要な処理でした。
が、ブルーレイディスクの場合は、ファイナライズの必要はありません

コピー後のブルーレイディスクは、そのままで他機器での再生が可能となっています。

ただし、まれに、記録形式の互換性の関係で再生できない場合があることも覚えておいてください。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional