アマゾン,楽天

家電量販店にするか通販か? あなたにはどちらが合っているでしょうか?

販売員向

検索


家電アドバイザーの資格をとろう

AV情報家電

過去の出題傾向

①テレビ

倍速駆動 75.0%
フルハイビジョン 75.0%

  • 4Kテレビとは
    画素数が、フルハイの4倍ある高画質化を追求したテレビ
    横(水平画素)が3840(約4000)で、1000は1K (キロ)のため、4Kテレビと呼ばれる
  • 液晶ディスプレイ
    透過型・・バックライトが必要
    ・反射型
    ・半透過型・・PDAや携帯電話に使用
  • 有機ELディスプレイ・・バックライトが不要な自発光式
  • 3D放送
    伝送方式・・サイドバイサイド方式
    表示方式・・フレームシーケンシャル方式
  • ブルーレイ3D とは・・
    Blu-ray Discで3D映像を再生可能にするための映像規格の名称。
    Blu-ray Disc Associationが策定した。
    3D再生に非対応の機器でBlu-ray 3Dを再生した場合に2Dモードで再生できる。

3Dに関してよく勘違いされている方が多いですが
テレビは表示方法としてフレームシーケンシャル方式で左右の目に映像を振り分けます。
ブルーレイ3Dはデータの収録方式のこと。
ブルーレイレコーダーの3D対応というのは、このブルーレイ3Dの規格のディスクを再生できるということ。
それに対して放送の3Dは「サイドバイサイド」という方式で放送されています。
この方式はブルーレイ3Dに対応していない通常のブルーレイレコーダーでも録画が可能です。
ただし再生には3Dテレビが必要ですが...。
ブルーレイ3Dはフルハイビジョンの3Dです。
3Dというのは左右の映像を必要としますから通常の2Dの倍のデータ量が必要になります。
そのためにケーブルのHDMIも高速なバージョン1.4a以上のものが必要になるわけです。
ところが放送の場合は帯域が決まっていますから倍のデータは放送できません。
そのため「サイドバイサイド」という方法がとられているのです。
この方法は1画面に左右の映像を左右に圧縮したデータになっています。
通常の2Dの放送と同じ画面で送りますからデータ量は同じになります。
これをそのまま録画して通常のテレビで視聴すれば縦に細くなった左右の映像の2画面で表示されます。
これがサイドバイサイド方式です。
これを3D対応テレビでサイドバイサイドに切り替えればその左右の圧縮された絵を左右に伸張し左右の映像としてフレームシーケンシャル方式で表示するわけです。
映像を左右に圧縮してそれを伸張しているわけですから横の解像度は半分になります。
ですのでフルハイビジョンではなくなります。

デジタル放送

B-CASカード 100%
電子番組表 100%
デジタル放送の特徴 100%
地上デジタル放送の受信 75%
DLNA 75%

  • アナログTVに使用していた混合器・ブースター・分配器などは、
    デジタル放送にそのまま使えるのか?
    ・・・問題が110度CSで、
    これが高周波数帯の1595Mhz~2071Mhz。(2600Mhzまで更新する予定あり)
    これは受信出来ても機材が未対応で伝達出来ない事が多々あります。
    ・・・アナログのBSハイビジョンが過去視聴出来た環境なら、BSデジタルも多分可能。1032Mhz~1336Mhz。
    1995年頃までの古い機材だとBSアナログは映るのにBSデジタルが全く映らない事もよくあります。
    ・・・地デジなら、周波数帯が470~770Mhzまでだから、現行機材で対応可能。
    途中で平行フィーダ線を使っていたり、アンテナプラグを同軸、平行フィーダ兼用の構造上ショートしているパーツが間に入らなければ、普通は映ります。
    ・・・アナログのBSハイビジョンが過去視聴出来た環境なら、BSデジタルも多分可能。1032Mhz~1336Mhz。
    1995年頃までの古い機材だとBSアナログは映るのにBSデジタルが全く映らない事もよくあります。
  • ワンセグとは
    QVGA(320×240ピクセル)サイズ,15フレームの低解像度の映像
    映像の符号化にはH.264(MPEG-4 AVC)が、音声の符号化にはAAC LCが使われる
    デジタル放送やDVDの映像符号化は。MPEG2Videoが使われている)

③携帯電話

ワンセグ 25%

デジタルスチルカメラ

ホワイトバランス機能 100%
被写体ブレへの対応 100%
手ブレ補正機能 75%
CCD・画素数と画質の関係 75%

  • スマートフォン専用アプリ・・
    パナソニックのLumix・・Wi-Fi®内臓。
    スマホやタブレット端末に専用アプリ「Panasonic Image App(無料)」をインストールすることで、撮影した写真や動画の閲覧や保存がスマホやタブレット端末でできます。
    また、スマホやタブレット端末から操作して、SNSにアップロードしたり、シャッターを切るなどのリモート撮影操作も可能です。

⑤プロジェクター

ANSIルーメン 100%
DLPプロジェクターの仕組みと特徴 100%

⑥AVシステム

5.1サラウンド 75%
ホームシアター(5.1サラウンド)のスピーカー構成 50%


  • 7.1ch ・・
    サラウンドスピーカーを左右それぞれ横・後方の計4chにする。
    ドルビーデジタルプラスではこれが標準となる。
  • Blu-ray Disc™がサポートする音声形式は・・・
    ドルビーデジタル」「リニアPCM」「DTSデジタルサラウンド」の3種類。
    オプションで「ドルビーデジタルプラス」や「ドルビーTruHD」「DTS-HD」といった次世代音声フォーマットにも対応している
  • DVDディスクの音声フォーマット・・
    標準でPCMドルビーデジタル(AC-3)、オプションでDTSやMPEG Audio Layer-2(MP2)なども利用可能である

⑦レコーダー

ダビング10 75%
BDメディアの特徴 75%

  • BDディスクのファイナライズ・・
    Blu-ray Disc(BD-R/RE) - DVD-RAM同様ファイナライズの概念がない
    BDレコーダーによっては消去防止のためのプロテクト処理(解除可能)やクローズ処理(BD-Rのみ)を施すことができる。
    ただしBD-Rをクローズ処理をした場合ムーブバック(BD-RからBDレコーダーへ書き戻し)はできない。(コピーフリー番組はダビング可能)
  • AACS「Advanced Access Content System」・・・
    Blu-ray Disc』 に採用の映像コンテンツのコピープロテクト規格
    CPRMは、DVDなどに採用されている記録メディア向けの著作権保護技術の一つ
  • ※DVDディスクへのデジタル放送録画時の注意
    デジタル放送(地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル)は、
    [VRモード] + [CPRM対応メディア] のパターンのみ録画できます。DVD-Rの中には「CPRM非対応」のものもあるので注

⑧メモリーオーディオプレイヤー

ダイレクトエンコーティング 75%
ヘッドホンとリモコン 75%
音楽ファイル形式 75%

⑨電話・ファクシミリ

国内外のファクシミリの送受信 100%

⑩パソコン・周辺機器

SSD 75%
PLC (電力線通信) 75%
外付けハードディスク 75%

⑪パソコン用液晶ディスプレイ

応答速度 50%

⑫プリンター

インク 50%


  • 顔料インク光沢紙の関係
    ・・・顔料プリンタでの使用もでるが、
    一部の機種では印刷面を無理にこすったり傷をつけたりすると、
    インクがはがれたり指へ付着する恐れがある。
  • 顔料染料の特徴
    違いは、「コーヒーと砂糖のようなもの」。
    顔料は粒子が大きく(数ミクロン以下)コーヒーのように水に溶けきれず、
    小さな粒子として溶剤の中に分散した形で存在します。

染料は、砂糖のように水に溶けた状態で存在します。
これが顔料と染料の違いを生み出す最大のポイント。
水に溶けているわけですから当然、耐水性が劣ります。
しかし発色するにあたっては分子状態で発色するため、その色素数は多く濃度の高い発色となります。
顔料は粒子のため色素数が少なく、濃度も低くなります。

⑬インターフェース

Bluetooth 100%
USB 100%
IEEE802.11n 100%

⑭ビデオカメラ

ハイビジョン録画 100%
3CCD方式の仕組みと特徴 75%

  • ビデオカメラからHDMI経由でBD/HDDレコーダーへのダビングは不可
    なぜなら、市販されているレコーダーで、
    HDMI入力を装備した機種は全く存在しません。全て出力のみです。
    まず物理的に接続できませんので、HDMIによるダビングは不可能です。
    著作権保護が絡んだ問題ですので、
    今後も暫くはHDMI入力のあるレコーダーは発売されないでしょう。

⑮ナビゲーションシステム

VICSの仕組み 50%

⑯ラジオ・ラジオ放送

FM放送の特徴 50%
フェージング現象 50%

⑰接続ケーブル・接続端子

D端子 100%
HDMI端子 100%
USB端子 75%


  • HDMIデジタル家電向けのインタフェース
    PCとディスプレイの接続標準規格であるDVIを基に、AV家電向けに改良した物。
    HDMIは非圧縮デジタル形式の音声と映像を伝達し音質、画質とも理論的に伝送中に劣化することはない。これがRCA端子やD端子とは大きく異なる。
    コネクタは以下の5種類。
    タイプA
    標準タイプ。19ピン。
    タイプB
    29ピンのコネクタで、1080pを超える解像度をサポート。
    タイプC
    ミニHDMI端子。タイプAと比べてより小型。ビデオカメラなどに採用。
    タイプD
    マイクロHDMI端子。携帯電話、デジタルカメラなどに採用。
    タイプE
    自動車用HDMI端子。車内部の映像用配線に使用。

⑱電池

空気亜鉛電池 75%
使用時・保管時の温度 75%

デジタルの基礎知識

  • アナログ信号~音や光の量を電圧の変化で伝送
  • デジタル信号~アナログ信号を数値の列に変換

間違いやすい所

  • 音声の符号化→デジタル放送で利用されている圧縮方式=MPEG2 AAC・・5.1chサラウンドに対応している
  • 映像の符号化→デジタル放送で利用されている圧縮方式=MPEG2 Video
  • DVD-Videoは、ドルビーデジタルリニアPCMが標準。に加えDTS音声を収録したものもある

テレビ放送

放送の仕組み

  • 解像度~テレビ画面の解像度は、垂直解像度と水平解像度で表す。
    垂直解像度=縦方向に細い線を並べ、見分けのできる最大本数。
  • 画質~走査線525本の画像は、標準画質と呼ばれる。ハイビジョン放送は、1125本の走査線である。

デジタル放送

デジタル放送の特徴

  • 高品質化
  • 高画質化
  • 多チャンネル化
  1. BSアナログ1チャンネル分でデジタルハイビジョン2番組、デジタル標準放送6番組が放送できる。
  2. アナログ放送1チャンネル分でデジタルハイビジョン1番組、デジタル標準放送3番組が放送できる。
  • 双方向機能
  • 電子番組表(EPG)
  • 8日間の番組情報も送られる
    • 機種によっては、最大1ヶ月先の番組情報も送られる
      • 地デジは、チャンネル毎の送信が基本だが、機種によってはスタンバイ中に全てのEPG情報を取り込みこともできる。
  • 衛星放送の特徴
    極超短波(SHF帯)を使っているため、激しい雨のときなどは、受信不能になったり降雨対応になったりする。
  • 衛星放送電波の種類
  1. BS放送,110度CS~右旋円偏波
  2. CS放送~垂直偏波
  • BSデジタル放送・・番組作成と放送衛星の運営会社を分け、番組制作会社を参入しやすくした。
  • 110度CSデジタル放送・・ブックマーク機能、放送局のお知らせの掲示板機能、プロモーションチャンネルへの誘導機能がある。
  • CSデジタル放送・・多チャンネルの専門放送が特徴、スカイパーフェクTVが放送サービスしている。
  • 地上デジタルテレビジョン放送
    • ケーブルテレビでの受信
  1. 同一周波数パススルー方式
  2. 周波数変換パススルー方式
  3. トランスモジュレーション方式

    上記の比較

    地デジ受信BS受信
    トランスモジュレーション方式専用のSTB標準放送
    パススルー方式市販の受信機可能。但し別途BSアンテナが必要
    直接受信
  • 光ファイバーでの受信
    • WDM伝送方式のためインターネット接続への干渉はない。
  1. 周波数の有効活用

ワンセグ放送
地上デジタル放送は、1ch-56MHzを 13個に分割して放送している
この箱をセグメント と呼び
ワンセグには、この内1つを使っている。
ワンセグ受信にはNHKとの契約がされていれば料金は発生しない
ワンセグ放送は、映像サービス とテキスト主体のデーター放送
通信連携のサービスが中心
音楽や静止画のダウンロードサービスも想定されている

ワンセグの規格
ワンセグの解像度は320*240または320*180
コマ数は、15フレーム/秒
音声は モノラル,ステレオ,音声多重に対応
元の映像は、地デジのハイビジョンと同じではあるが MPEG4 AVC/H.264の圧縮方式
携帯端末向けなので ハイビジョンではない
アスペクト比は 16:9または4:3

AV機器の接続

端子の種類

  • コンポーネント端子・・
        緑,輝度信号(Y) 
        青,青色差信号(CB/PB)
        赤,赤色差信号(CR/PR)
  • D端子・・Y/PB/PRと同じ信号に加えアスペクト比切替などの制御信号含む
     ・音声端子を別に接続する必要がある
  • HDMI端子・・パソコンとモニターのインターファース規格DVIの発展形である
  • i.LINK(IEEE1394)・・ケーブル1本で映像音声のデジタル信号を伝送
     信号フォーマットが違うと認識しない
   信号フォーマット商品
i.LINK端子TSデジタル放送,ブルーレイディスクレコーダー
DV/HDVデジタルビデオカメラ

レコーダーについて

BD-R LTHとは・・

  • BD-R LTHタイプとは、
    BD-Rで、記録層の材料に有機材料をつかい、記録面の反射率を従来方式と反転させた状態になっている。

従来のメディアは、記録層の素材に金属など無機色素が使用されており、
BD-R LTHでは、データ未記録の状態では反射率が低く、記録によって反射率を高める方式が採用されている。

BD-R LTH TYPEの「LTH」は、「Low to High」の略称である。LTHに対して、従来のBD-Rの方式はHTL(High to Low)タイプと呼ばれる。

BD-R LTH TYPEは、従来のBD-R(HTLタイプ)と記録方式が異なるため、
従来のブルーレイドライブでは再生できない
有機素材は無機素材と比べて低コストである点や、同じく有機素材を採用しているCDやDVDの製造ラインを転用しやすくなる点などから、BD-Rメディアの低価格化を促進することが期待されている。

「DVD-RW6倍速記録」対応ディスクの使用について・・

  • 「DVD-RW方式 2倍速以下の記録速度に対応」レコーダーの場合
    DVD-RW6倍速記録」対応ディスクには、
    DVD-RW2倍速記録(DVD-RW Ver.1.1/2X規格)対応レコーダーでの録画はできません。

DVDの録画

  • デジタル放送を録画するには、CPRM対応のディスクを使い、VRモードを使うことで可能(Videoモードではできない

DVDのファイナライズ・・

  • Videoモードのファイナライズ・・・必須
    Videoモード録画ディスクを他機で再生の場合、ファイナライズ処理が必要です。
    しないと、録画機でしか再生することができません。
    また、ファイナライズは録画機でしかできません。

DVDディスクへの2カ国語放送の録画・・

  • DVD-VRモードは、音声多重信号の記録はサポートしています。
    Videoモードでは、できません

パソコンについて

ホットプラグとは

パソコンの電源を入れたまま、外付け機器を接続すること。 [#y5bce15e]

モニター・・

HDCPについて

パソコンなどの映像再生機器からディスプレイなどにデジタル信号を送受信する経路を暗号化し、不正コピー防止の技術。
DVIやHDMIなどのデジタルインターフェースの暗号化に用いられる。

D-SUBは、アナログなのでHDCPの呪縛はない。HDCP未対応のモニターで視聴可。

電池について

電池の種類

  • 一次電池と二次電池・・
    一次電池二次電池
    分類電圧分類電圧
    空気亜鉛電池   
    マンガン電池   
    アルカリ電池   
    酸化銀電池 アルカリより電圧が安定  
    二酸化マンガンリチウム電池3.0Vリチウムイオン二次電池3.6V
    塩化チオニルリチウム電池3.6V

ネットワークについて

FTTH・・光ファイバー

  • VDSLとは・・マンションで、光ケーブルで引き込み、VDSL装置を経由して各戸へは、電話線で接続する
  • ハブ方式・・LANケーブルで接続する

PLC・・3つの方式があるが互換性はない

  • 伝送速度は、 10~20Mbps位

無線LAN IEEE802.11

規格周波数伝送速度  
a5GHz54M
b2.4GHz11M電子レンジ,ブルートゥースと周波数が同じ
g2.4GHz54M
n2.4GHz/5GHz300M

・暗号化方式・・ 弱い WEP→WPA→WPA2 より強力

デジカメについて

画像のプリント

  • カメラとプリンターをUSBケーブルで接続・・PictBridge(ピクトブリッジ)

簡単プリントの規格

  • Exif・・印刷する場合の画質を自動的に最適化する(補正をプリンター側に任せる)
  • PIM・・〃      (カメラ側で最適なプリント情報を記録し、それに基づいてプリントする)

プリンターについて

種類

  • 熱昇華転写プリンター・・サーマルヘッドでインクフィルムを加熱昇華し印画紙に転写する。
  • レーザープリンター・・ドラムという黒い筒の上に静電気でトナー(粉)を載せ、そのトナーを紙に押し付けることで印刷。

インクの特徴

  • 顔料インク・・ポスターカラーのイメージ、色あせしにくい、耐光、耐水、耐オゾン性あり
  • 染料インク・・油性ペンのイメージ、

色表現の原理・・一般の印刷と同様

  • シアン(青緑),マゼンタ(赤紫),イエロー(黄色)の3原色と黒を使う

プロジェクターについて

反射型液晶タイプと透過型液晶タイプ

反射型液晶タイプは、高価ながら、
画素間の隙間が少なく、より滑らかな映像を得ることができます。 
画質にこだわるなら、透過型液晶タイプよりも、反射型液晶タイプが有利

三管式プロジェクタ

三管式プロジェクタ磁気の影響で映像が歪みやすいため、スピーカー等の音響機能は別に設置されるようになっていたが、 [#x05976bc]
液晶プロジェクタ, DLPに関しては磁気の影響を受けないため、スピーカーやアンプを内蔵する機種もある。

ANSIルーメン測定法

  • 画面を9分割
  • 分割エリアの中央照度→平均照度をだす
  • 平均照度×画面全体の面積
    ・・・機投影距離に関係なく、機器の明るさの比較が正しくできる

液晶プロジェクター

DLPプロジェクター

DMDと呼ばれる半導体を使っている

反射型のため、光の利用率が高く、画面を明るくできる

スクリーンの種類

  • スクリーンゲインとは
    スクリーン生地の反射特性を示した数値です。
    光源より完全拡散板に照射された反射光を計測し、その輝度値を1として、
    同一条件下で各角度よりスクリーン生地に照射して得られた輝度値の比率のこと

拡散タイプ(ホワイト)・・画用紙に映すイメージ、黒い画像が白っぽくなる"黒浮き"が出やすい、スクリーンゲインは、1以下で、どの方向からでも良い

反射タイプ(シリバー)・・黒浮きを押さえ、黒がより黒く見える、スクリーンゲインは、10以下で反射が強い

反射タイプ(パール)・・銀紙の反射光をみるイメージ、広い視野角が得られる、スクリーンゲインは、2以下

回帰タイプ(ビーズ)・・投射方向に反射するため、外光の影響を受けにくい見る位置から投射できる、スクリーンゲインは、1.5~3(光軸から20~30度以内)

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional