当サイトへの訪問、ありがとうございます。お買い物の参考になれば嬉しいです。(^_-)-☆

LED が,液晶テレビにも使われ始めていますね。

液晶テレビにもLED技術が、使われ始めましたね。

このところのエコブームで(ブームではいけませんね。エコが当たり前にならなければね・・)、
いろいろな技術が、私たちの前に商品として、出て来ていますね。

今日は、その中の一つ、LED技術の紹介ですが、”液晶テレビに使われると、液晶テレビの何が変わるのか”といった視点ではなく、純粋にLEDが、私たちにもたらし始めた、メリットについて語ってみたいと思います。


そもそも LEDとは、なんぞや?・・
巷では、”電流を流すと発光する半導体素子の一種” などと表現されていますが、一般の方にとっては、解り難いものだと思います。

まあ、電球のフィラメントを電気で熱して光を得るのと違って、
“電気を、直接、光に替えている”と思ってくださって良いのではないでしょうか。
要は、電気を無駄なく光に変えることが出来るようになったということです。

仕組みはさることながら、LED技術で、一般の消費者の方が、恩恵を得るのは、まずは、照明としてのLED電球でしょう。
なんといっても、電気代が安くて、長寿命です。

一般電球60W同等の、LED電球は、なんと、消費電力6.9Wです。
寿命は、一般電球の1000時間に比べて、LED電球は、なんと40000時間です。40倍ということになります。
他にも 発熱量が少ないとか、いくつかのメリットがありますが、一般の方にとっては、前述の2点が一番のメリットでしょう。

そうそう もう一つありました。
交換作業が、忘れるほど少ないということです。
1日10時間使って10年以上は交換いらず、ということです。

これからの高齢化社会、年取っての電球交換は、大変だし危険ですよね。

日本国内には、一般電球ソケット(E26口金)が、約1億5千万個程あるといわれています。
そのうち2012年度には、約25%がLED電球となると予測されています。

これだけでも、膨大な電気が節約できますね。
地球に負荷をかけない生活で、私たちの子供たちに、自然豊かな環境を残していかなければいけませんね。
みんなで協力してより良い地球にしていきましょう。

今日も、ご拝読ありがとうございました。

«  LED が,液晶テレビにも使われ始めていますね。  »